良質な眠りのために

風邪をひかないために、日々の健康のためにも良質な眠りを得ることは大切です。
よく聞くのは寝る一時間前にお風呂に入るという方法です。
しっかりと温まって身体の深部温度を下げれば眠りやすくなります。
そうやって寝ると寒い日の朝でもすっきりと目覚めることが可能との事です。
でもこれは自分には絶対に実行に移すことはできません。
だから理屈はわかっていてもあきらめていました。
しかしもっと簡単な方法もみつけましたよ。
眠る前の30分ほど前に首元を温めると全身への血のめぐりがよくなるので、手足の先端まで温まることができます。
熱中症のときはひやすべきところは逆のためにも効果はあるんですね。
レンジで温めるもので肩を温めるのがあります。
冬用かと思いましたが、一年じゅう使えますね。