アレルギーになるには

人間はどんなに清潔にしていても細菌が皮膚にいるってご存知ですか?
その誰しも持っている細菌のせいで金属アレルギーを発症する人と発症しない人がいます。
それは皮膚バリアの防衛機能に関わってきます。
筋が皮膚に常にあったとしても沁み込まない。
汗で蒸れているところが痒くなって、掻いてしまうと皮膚バリアがなくなってしまって悪化する。
かいたらすぐに金属アレルギーになるわけではありませんが、何度か繰り返すと金属アレルギーになってしまう。
ピアスなどあけるときは自己流であけないで、皮膚科や整形外科でしてもらうのが一番です。
合わない入れ歯は早めに治してもらうことが大切です。
金属+汗+菌+傷で金属アレルギーの症状が出てしまいます。