実のなる木を書いてみるましょう

実のなる木を書いてみるましょう、というイラスト心理テスト。
大きな木にいくつか実がある。5個くらい、均等に。
・木の大きさ 
紙の中のどこに木を書いているのか。
はみ出してしまう人は、今の状況に満足していない
全体的に小ぶりなのは周囲からどう見られているか気にしている。
右端は支配型、左側は依存型
・実の数
実が少ない人は精神が貧困の人。
実が多すぎる人は自分が持ちこたえられない、いっぱいいっぱいになっている。
実は木の中で充実したものの数。
・全体のバランス
途中で切れてたりするのは挫折している。
太い線で描いた人は自己防衛が強い
人に嫌われないようにする態度は、目線。
目は口程に物を言う
自分が話しているときだけ見て、相手が話しをしている時に目を反らす人は嫌われやすい。