非常に悲しいニュース

非常に悲しいニュースがありました。
アメリカの7歳の少年は、病で髪の毛を失った人達のために2年間自分の髪の毛を伸ばしつづけて寄付をしました。
この話しはテレビ番組で放送されていました。
男の子なのに髪の毛を伸ばしていると変に思われたりもしたそうです。
でも自分から髪の毛を伸ばすと決めて実行したのです。
その彼自身がガンに侵されているというのです。
初期ではなくステージ4にまでいっている状況です。
平等な運命なんてないのは誰もが分かっています。
でも心優しい彼が当事者になってしまうなんて心が痛くなります。
寄付をしたのになんでとひねくれることなく、楽観的な少年だと親御さんは語っていました。
生きるべき人なんて軽々しくは言えないけれど、大人になり成長した彼は必用だと思います。