ダイヤモンドチェッカー

使わなくなったものは売りお金に替えるのは昔からある仕組みですね。
ただ技術がすすみニセモノが出回るようになっているので、それを見破る教育もすすんでいる。
人の目で本物か偽物かを判断するのは非情に難しくなっているというのもわかりますね。
ダイヤモンドチェッカーなるものがあるそうです。
熱の伝導率が高いダイヤモンドはブラックライトをあてると紫外線を放つので青白く光る。
99.9%ダイヤモンドだと判別できます。
ダイヤモンドの蛍光性。
輝きの強さによって値段もかわってくる、というのはわかります。
でもダイヤモンドは輝きが強いのは品がないとされていて安いというのはちょっと驚きです。
宝石に興味がないのもありますがよくわかりません。

コメントは受け付けていません。